生活伽藍堂

送られる生活

Invitation to read a prose on liquid crystal.

爆発的に寝るのと他人の要請に応えるのをしていたら、大統領みたいなスケジュールになってしまい、八月は通り過ぎてしまった。過剰に動いたからといって満足は得られないことは経験上知っているのだけれどついやってしまう。やりたいことをやっていて羨ましいみたいなことを言われるけれど、そんな羨ましい生活も日常になってしまったら別に良いものではない。良いのかもしれないけど良さがわからなくなる。結局目に見える評価のフィードバックが得られなければ日常は辛く、それゆえに物事は続かない。自分は毎日食事をとる、歯を磨く、風呂に入る、洗濯をする、掃除をするなどの恒常性生活雑務が苦手で、おそらく習慣というものがない。行える行為が気分に左右されることが常であるために僕のカバンには様々なものが詰め込まれている。中でも本はその時に読める本しか読めないので一冊を毎日こつこつ読んでいくということができない。基本的に大量の本を一気に買い込み、それを並行して読んでいく。これらの趣味の本に加え勉強の本が加わるためカバンがパンパンになってしまう。

 

 

話の枕を書くのだるい。

 

 

 

この夏は別に本を読んでいないが、インターネットの文章を大量に読んだ。本を読むにはコンディションを整え、予定を開けまくってベッドにへばりつかないといけないが、インターネットの文章は読み易くてジャンクな味わい。自分好みの面白いことを書いてるものを見つけると嬉しい。

 

 

 

面白かったものリンク一覧↓

http://www.owarai-world.com

↪︎今よりはテレビが賑やかだった頃のお笑い芸人に対する分析。ほとんど現在一般的にされている評価に近く、かなり正当な分析で審美眼の凄まじさを感じ面白かった。また、現在と違って大衆評価がもっと大きくテレビをみんなが見てた時代は大衆の嗜好が今よりは個別化されてなかったからブームの流れがはっきりしていて、流れと噛み合う事で売れることができたという当時の時代感覚を思い出せた。また、当時から現在まで生き残っている芸人さんは自分の個性や強みを理解しており、セルフプロデュース力もあることを感じた。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/意識の流れ

↪︎いわゆる文学の表現手法としての意識の流れとは違う話だとは思うけど、シュールレアリズム、ダダイズム幻想文学的なアプローチについて恣意的ではあるが、とても面白く書かれている。アンサイクロペディアで面白いの見つけるの難しいけど、カテゴリから見ていくと良いの見つけやすいと思う。日本の地方についての記事がおすすめでローカルになるほど面白いです。正しい情報なのかは謎。大抵は古い情報になってしまってるかもしれない。

http://www.ujaku-recreation-room.jp

↪︎僕の大好きで大尊敬しているJohn Zornの大量の作品を全て収集している、烏鵲というすごい方のブログ。現代音楽や近代文芸に詳しく、John Zornに限らず、クラシックからアングラなバンドまで幅広い音楽を聴いていて、所有音源の数が凄まじい。Hemophiliacの音源持ってるの羨ましいです……

現在も更新されていて新譜が出るたびに感想を書かれています。

https://www26.atwiki.jp/gcmatome/

↪︎様々なゲームソフトの批評のwiki。僕はクソゲー文化が好きで、それらの記事がおすすめです。現在はそこまで大きな動きはないですが、クソゲーオブザイヤーというものが毎年行われており、その総評はyoutubeに動画化されています。年を追うごとに動画が長大になっていっててすごいです。

https://www.ssense.com/ja-jp/editorial/fashion-ja/the-great-indoors

↪︎僕が好きな文章で、こういう文章かっこいいなと思うものです。おそらく翻訳文だと思うのですが、英文翻訳特有の流麗で力強い文章はかっこいいです。翻訳された文章って読みやすいものとそうでないものがあるので一概には良いものであったり好みだとはいえませんが、この文章はいい文章だと思います。

http://jp.ign.com/game-fable

↪︎藤田祥平さんによる『電遊奇譚』というコラム連載です。純粋に読ませる内容と文章で、とても好きです。現在は連載終了。

(追記:と思ってたけど、電遊奇譚、連載再開してた…また読みます。)

 

以上。

 

 

 

興味や面白いと思うものがなくて暇してる方に薦めたい。

 

 

 

 

 

現在はほとんど娯楽がなくて気が狂いそうなので、面白いと聞いた「ゼノギアス」をダウンロードしてやってます。まだまだ序盤だからよくわからんけど、ちまちまと進めていきます。