生活伽藍堂

送られる生活

2017年6月20日

17時寝、0時起き。飯つくって食べ、伊集院光のラジオを聴く。5時寝7時起き。今日の目覚めは最悪だった。なんとか這い出たけど、シャワーを浴びる時間はなく諦める。

 

気合いを入れた文章を書くとアクセス数が増えた、嬉しい。パソコンから投稿すると自動でタグがつけられるらしくて、そのせいだろうな。

 

昨日のthat's学にしても、他にも色々古いインターネット文化は面白かったので好きなんですが大量の広告に侵されて完全に荒れ果ててしまっているものがほとんどだ。でも今のネット文化ってミームと定型文の会話だらけで進化のデッドエンド感が凄いし、SNSのせいで現実と地続きになってネットスラングはもはや実際の会話をも侵食しているし。

今教室で文章書いてるけど、俺の後ろの席いる男二人組がなんかさっきからデカめの声でガイジガイジと連呼している、今度はソシャゲの話をしている。どうやらプレイングの下手なソシャゲの他のプレイヤーをガイジと呼んでいるらしい。なんというか、全体的にセンスがなさそう。頑張りや。

 

ガイジガイジ言ってる人らが屈強な外国人に勘違いされてボコボコにされる事案でも起きないかな。 

 

閑話休題

 

ネットに本当に全く面白みがなくなったとまで言わないけど、僕は半分くらい飽きてきてます。質が落ちたとも言わないけど、なんか合わなくなってしまった。まとめサイト見れない、雰囲気が苦手です。

 

その昔、インターネットで顔を出すなんて狂気の沙汰だった時代は本当に内容で勝負するしかないから質が高かったのかもしれない。また、遅すぎる回線に時間感覚がチューニングされてそれだけコンテンツに時間を割いていたし、やる側も見る側も待てていたのかもしれない。値段高かったし何に使うんだって感じでパソコン普及してなかったからパソコン持ってる人達全体がある程度専門性高かったってのもありそう。そりゃ今と雰囲気真逆ですよね。

 

色々の積み重なりで変化していく、時代の流れ。

 

いつだったかマンガワンでケンガンアシュラのコメント欄に休載するな、oneさんを見習えというような意味のことが書いてあって、oneさんも遅筆な方だろうと微笑ましい気持ちになった。web漫画広まったなあ、裏サンデーがきっかけかと思うんですがどうなんでしょう?だいぶ雰囲気変わって漫画雑誌が電子書籍でやってるだけになっちゃったな。web漫画は良くも悪くも締切と打ち切りから解放されて漫画が描ける土壌だったんだけどなあ…続いてるのか終わってんのか判断つかないやつばかりってことだけどね。『禁欲ボレロ』然り『暴力街』然り…どっちも多分終わっちゃったと思うけど。

 

webじゃなくても小説みたいに完成してから掲載が可能な媒体が漫画にもできたらいいのにと思う。遅筆で寡作な作家が評価されないというのは寂しい。お金になるのかはあれだけどね、商品単価高くなるだろうなあ…そこは住み分けってことで。紙媒体以外でつくるなら部数は問題にならんだろうし、不可能なことでらないのでは?

 

読みたい本を読みたいのだけれど、このところ課題のための本を読んでばかりいる。なかなかなかなかなかなかなかなか大変だけど、レポート類、間に合わせていきます。あと、部屋のエントロピーが大変なことなってるのでこちらも処理していきたい。

 

と、言ってるそばからなんですが、明日はライブを観に行ってきます。nuito、生で観てきます。楽しみだ〜