生活伽藍堂

送られる生活

夢幻様な日々/幼年期への感傷

ぐだぐだと生活をしているらしい。確かなことがわからない。2日連続で20時間も寝るなんてことをしたから朝とか昼とか夜とか、今日とか昨日とか明日とか、そういうことが曖昧になって、見たことない記憶がフラッシュバックしたりふと見た景色や人にデジャブを起こしたりしてる。夢で見たことなのか過去の思い出なのかよくわからなくなってて、何もかもが100万年前とかに見たような気がするような感じがして、でも思い出せない、みたいな感じだ。

 

 

1人でいると、折に触れて、忘れかけていた子どものころのことを思い出す。

 

 

いつだったか、映画館で映画を見ている人達の顔をずっと眺めていた、この人たちは俺に見られているなんて思ってないんだろうなあと思うと面白くて映画が一本終わるまでそうやって過ごしたと思う。見た映画は確か「レミーのおいしいレストラン」だった。当時の僕はあんまり面白いと思わなかった。

 

小学校に本当に頭のいい女の子いて、身長が高くて、目の隈がひどくて、癖っ毛で元気なさそうで内気だと思われがちだけど、そんなことなくて、マラソンとかも参加してて、話す言葉も軽薄すぎず自閉しすぎず、いい言葉で話す人で、本当にいい人だったんだけど、僕はその頃は思慮深く話すより軽薄に軽薄に話した方がみんなと仲良くなれると思いこんでいて、人から嫌われたくないという気持ちも強かったから、今の僕の大嫌いなタイプの人間だったと思う。彼女は僕とある程度は仲良くしてくれたが、あくまである程度の関わりでした。本当に尊敬していて、本当に仲良くなりたい人だったと思うんだけど、もう何もかも遅いよな。彼女はきっともっと立派になっているんだろう。もう二度と会う機会はないだろうし、会ったら今度は素直に尊敬していたことを伝えたい。そんなこと言われても困るんだろうな。

 

いわゆる初恋的な体験はしてないと思うのだけれど、小学校一年か二年の時にはじめて同い年の女の子で可愛いと思った子がいたことは覚えている。その子はすぐに転校してしまった。父親の仕事の都合で北欧に行ったらしい。それって今考えると凄いような。外見がどんな感じだったかとか名前がなんだったかとかは完全に忘れてしまって、可愛かったことと、集会か体育かで教室の後ろで整列するときに、ふと後ろを振り返ったら偶然目があって、何秒か見つめあった後、お互いきまり悪くて笑いあったことだけが記憶に残っている。

 

俺は5歳の頃英会話教室に通っていた、なぜか自分から行きたいと言い出したらしい。英会話教室に通っている子供なんか大抵はそこそこいい家庭の親がグローバルになってほしいなんていうエゴで無理やり行かされている(これはピアノ教室もそうだ、文化祭に実はピアノが弾けるみたいな男いなかったか?そいつらは大抵被害者だ)なので、そんなに積極的に来てるやつはいなくて、帰って16時から17時台のNHK見たがっているやつらが大半で、みんな消極的でつまらなかった。そこで出会った同世代の子供の中、1人面白いやつがいた。

そいつはいわゆるわんぱくなガキで、わあわあ騒いで俺の知らない範囲でも先生を困らせていた(らしい、後から聞いた話だ、それほど酷いやつではなかったけど)何がきっかけとか全然わからないけどとにかく無茶苦茶なそいつと仲良くなって、教室で週一で会う時、一緒に怒られるか怒られないかギリギリの範囲で教室にいたずらをして遊んでいた。(これを考えるのは俺の仕事で、実行はあいつが担当していた、フェアじゃないと思う)具体的に何したかはそんなに覚えてないけど、ソファを分離させて組み替えて遊んだり、入口から教室までの床に油性ペンで矢印を書いたりした。これはさすがに呼び出されて弁償をしたはずだ。でも、怒られてるのはあいつだけで俺は何も言われなかった、提案したのは俺のはずなんだけど、あいつは俺のことをチクらなかったし、怒られながらも俺に目配せして、笑いかけていたような記憶があるけど確かじゃない。とにかくあいつは俺をかばってくれて、絨毯の張替えの分を弁償した後、しばらくして辞めてしまった。ちなみにそいつはろくに学校に通わずしばらくぷらぷらしていて、俺が中3のころにバイク事故で死んだ。あいつ、頭悪くはなかったんだけどなあ、ただ、訃報を聞いてなんだか納得をしてしまったことを覚えている。

 

小学校に緘黙症の女の子がいた。誰にも何も話してくれなくて、別に自分が何かしてあげたいとかなかったけど気にかけていた記憶がある。言語障害のある男の子がいた。彼はいじめられていて、それを見て気分が悪かったけど、結局何もしなかった。彼は僕のことをどう思っていたのだろうか。特別どうも思っていないか。彼はきっとみんな等しく嫌いだっただろう。とても仲が良くて細身で色白でセンスのあるナイーブな男の子がいた。彼は今どうしているだろうか。また会ったらあの時みたいに楽しく話せるのだろうか。それはできないだろうな、あの時みたいに同じ話題を共有してないから。会話に詰まって、気まずくなってしまうと思うけど、でも、もう一度話してみたいな。

 

何もかも今は通り過ぎて、思い出せなくなっている。思い出したくても思い出せないし、思い出せてももうそれは俺の中で変質してしまってるんだろうけど、昔、その瞬間にそれがあった、ということは確かで、それはもう二度と追体験できないのって寂しくて、悲しくて、まあ、だから良いのかなと月並みながらも思います。本当に月並み。

 

仲良くなりたい人と仲良くなりたい。言い換えれば、尊敬してる人に認められたい。

 

仲良くなりたい人と仲良くなるためにはどうしたらいいんだろう、結局他人から興味を持たれる人になることだろうな。でも、それを目的化したら本末転倒じゃないか。強烈に拗らせて1人で象牙の塔つくりあげるか、社会的権威のある肩書きを得て自分の能力示すかするしかないっぽい。

 

人と仲良くなる方法なんて、すっかり忘れてしまった。思えば、昔から人から話しかけられるのを待ってるな。こちらから働きかけるのが致命的に苦手で、これが原因で人間関係が積んでは崩れる賽の河原になってしまってる。でも、母親曰く俺は誰にでも話しかける子供だったらしい、転換の原因になる、何かトラウマ的な体験があったのかもしれないけど、何も思い出せない。

 

まだ、思い出に浸る年じゃないし、人生これからが本番なのだろうけど、長時間一人きりでいると、すっかり忘れていた自分のあの言葉や顔も思い出せないあの人やどこかでみたあの風景が、フラッシュバックして、どうしようもなく、死にたくなるんだ。

 

何かに熱中して、陶酔して、盲信して、時間を早回しできたらいいんだけど。

 

このところ

体は調子がいいような気がしている。毎日5〜7時間寝れるし、飯の量も増えた、性欲も亢進している。しかし精神の方は多分よろしくなくて、破壊的にイライラしたり、不安感がやばいときがある。精神力でねじ伏せている。学校は日を追うごとにつまらなくなってきてて、とてもだるい。楽しいと思えることがどんどん減っていってるし、気の合う人がいないのが致命的。両親や祖父母との関係も悪くなってきててとてもよろしくない。ストレス因子が多すぎるので1つづつ対処しつつ、捌け口もつくっていくつもり。さっさとハタチになって、自由になって、どこまでもぶらぶらと歩き回ったりしたら、気が紛れると思う。

 

ところで、この夏はバンドを大量にやることになっている。 

コピーバンド3つにオリジナル2つ、ジャズコンボが1つ。一回限りのやつもあるし、ひとが被ってるのもあるから純粋に6つというわけじゃないけど、夏はこんなことやらないといけないみたいです。もちろん人前で演奏する機会があります、来てね。

 

イライラするなあ、俺が破滅するか、俺以外が破滅するかして欲しい。

 

しかし、人にそんな様子は見せません。

 

頑張って演奏するので、皆さん、お気持ち、置いてってください。

 

詳細はまた追い追い。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年6月30日

疲れたなあ〜と仮眠のつもりで眠ると、24時間も眠っていた。死。

 

修学旅行で沖縄に行き、自由行動になり自転車で自由に散策をしているとめちゃくちゃ南の方の島に行ってしまい集合場所に間に合わなくなる。どうしようか悩みながら適当に自転車を漕いでいると沖縄の学校があり、近くの高架下のような場所で3人の不良がたむろしている。声をかけられて事情を説明するとわりと親切にしてくれて、学校の電話を借り、先生に連絡をとる。遅れるけど合流することを伝えた後不良達と遊んだ。楽しくはなかった。沖縄だというのに全然暑くなくて、風景的にかなり淡路島っぽい雰囲気だった。沖縄行ったことないからだと思う。

 

予定を全て蹴ってしまい、後悔の念が凄まじいのに体だけ元気になっているので、とても耐え難い気持ちになっている。しんどいけど頑張るみたいなことをやらなければ社会でやっていけないだろうな。俺は大丈夫なのか?この先どうなるんだろう。

 

疲れたなあ、と思う頃には多分疲れすぎていてこういう生活を繰り返してしまっている。というか寝付きの悪さを高校から抱えていてかなり生活に支障がでている。病院に行っても、生活習慣を見直せと言われ、健康的だけどやりたいことをやる時間がなくなる生活を強いられるだけだし、何よりカフェイン禁じられるのめちゃくちゃ嫌なので行きたくない。

 

今日で日記の毎日の更新はやめる。文章の訓練とアクセス数の水増しができました。今後は質を上げて書きたいことを書くつもりです。よろしくお願いします。

 

 

2017年6月29日

昨晩は湿気が凄く寝苦しくて何回も目を覚ましたりしたが、ベッドで一晩寝た。8時45分起床。気分は良くない。シャワーを浴びる。新しいボディーソープを試した。どうやらかなり油をもっていくもので、このところジャンクフードを食べて活動しているために体外に分泌された粗悪な油がごっそりと流されてとても良かった。

 

学校に向かう、9時台は比較的電車が空いているので楽だ。最寄駅に着き、朝ごはん兼昼ごはんとして松屋牛めし(並)を食べる。食べながらふと外を見ると大量の大学生が列をなしてだらしのない笑顔で歩いていた。食べ終わって外に出ると大学生の団体は皆通り過ぎ、雑多で汚れた道だけがあって、そこに住む人と働く人だけが歩いていた。畑を食い荒らす大量発生したイナゴを思い出した。

 

文学史の授業は対句みたいな話し方をする先生が担当で、様々な具体例とオリジナルな例え話を使い、同じ話題と結論で停滞し続けている。うんざりだ。うんざり故に村上春樹風の歌を聴けを読む、授業中だけど読むことができた、授業がつまらないため生徒も4割ほどが睡眠に耽っているので静かなのだ。

 

昼休み、声をかけてきた女の子が本を延滞し図書館で本を借りられないので僕に代わりに借りて欲しいと頼まれる。承諾しそうになったけど、昨日の終わってる生活のせいで僕も延滞していることを思い出し、断る。彼女は後から来たもう1人の女の子に頼んでいたがその子はその子で借りられる限度の冊数まで借りていた。不憫。結局は友達の友達みたいな人に頼んでなんとかなったらしい。よかったね。

 

 

全ての授業が終わり、行きと同じく駅までの寂れた悲しい道を歩く。もともとこのあたりは部落に隣接した地域でガラの悪い田舎といったところだったのが大学ができて学生を客層に取り込むために品のない学生街として発展してきた街だ。表の大きな通りは車がそこそこ通るし人も多く人の後ろでゆっくり歩くのが嫌な僕は大抵人が少なくて歩きやすい裏通りを歩く。裏通りは田舎らしい一軒家の密集した住宅地や小さな神社、個人経営のカフェ&バー等があって下町らしい雰囲気が未だに残っている。裏通りを歩いていると毎日発情期の鮭みたいに道を占有して歩く大学生達が彼らの生活を犯しているようで申し訳なくなる。美容院のサインポールの下にいた野良猫。猫は路上喫煙をしている男を一瞥して横切る。僕は副流煙を吸いながらその猫を目で追う。猫は家と家の間の細い溝の中に入っていく。猫は一度も僕を見てはくれなかった。

 

虚しい生活、生活は虚しい。A=B。

 

少しづつ落ち込みが近づいているような気がする。そんなのは関係ない。やることをやるだけの毎日だ。やることをやって、たまに楽しくて、それでまた頑張る。これをずっとやればいいのだろう。だができるのなら苦労しない。

 

 

 

 

 

 

 

2017年6月28日

ゆっくり寝られると思い寝たら12時に起き、1日の方針が決まってしまった。

 

学校諦めて飯を食って、本を読もうとしてたはずですが、気がつくと20時になっていて、寝ていたことに気づく。

 

 

総括致しますと、私は今日、これ以上休むと流石に怒られる講義をさらに休んでしまい、図書館で借りた本を延滞し、サークルのミーティングを欠席し、スタジオ練習を遅刻したということになります。

 

 

う〜ん、マンダム。

 

 

元気があるからといって24時間連続で活動したり、眠れないから徹夜で用事したりするのってだめなのかもしれない。っていうかだめ。そういうことしてると自分勝手に育っていくと思われる。あーあーあー、規則正しい生活の方が扱いやすくていいですね。治すべきだ。治るのか?

2017年6月27日

昨日の夕方、ハンターハンターを読んだ。やっぱり流石だなあといった感じです、継承戦がすごく面白そうで楽しみだからなるべく連載続いてコミックス1巻分は話数書いてほしいな。

読み終えてから仮眠のつもりで18時半頃寝たら2時まで寝てしまった。その後ネットサーフィンしてたら朝に。インターネット大好きだな。

 

朝、おじさんが3匹の犬を散歩させててドラクエみたいな感じで歩いてた。犬はかっこよくて、かわいい。猫もかっこよくて、かわいい。爬虫類はクールだし、鳥類には憧れる。魚類は美しく、甲殻類は哲学的、虫には機能美がある。人間はださい、何も誇れる肉体性がない。

 

火曜日は地獄でつまらない講義を3連続で受けなければならない。今日の1つの講義は映画(チャップリンのモダンタイムズ)をみるだけだったので良かった、昔の映画女優さんめちゃくちゃかわいいな。講義終了後、外でたむろしてる男達がモダンタイムズを糞みたいな映画と言っていた。まじで言ってんの?

 

僕の大学は文化的に乏しい、文学部なのに本読んでるやつろくにいないの、まじでなんなんだ。面白い本の話を共有させろ。ちなみに大学のOBにも大した人はいない、本当に文化的に乏しいんだと思う。虚しさ。

 

講義を終えてから古本市場をうろついた、EDENの1巻が面白いらしく、読んでみたかったからだ。しかし置いてなかったので、レポートで扱うつもりの村上春樹風の歌を聴けを買う。もうめんどいからEDENはKindleで買おう。

 

そして家に帰り、ゲームの品評みたいなことをやっているサイトを見る。クソゲーオブザイヤーを思い出し、動画どこまでいってるかみたら、まだ2015年で止まってるみたいでらしいなあと思った。クソゲーオブザイヤーの動画はやけに重い。頼まれてもないのにやたら凝りまくってる動画つくってくるの凄いです。尊敬。

 

明日は雨らしく、洗濯ができない。部屋は散らかり続けて酷い有様だ。片付けないとだろうなあ、でもそんな時間ない。ない、じゃなくつくれという話だが。

2017年6月26日

21時寝、2時起き。夢は見てない。とても目覚めのいい深夜の起床。

 

内村さまぁ〜ず見たり、同居人とお話しする。ガソリンスタンドのバイトの時給の良さに驚く。中途半端に寝て寝坊のリスク怖いんで早くに外へ出る。朝食は松屋の朝定食。塩分薄めのおかず達。牛皿とソーセージの塩分だけずば抜けている。

 

このところ僕は友人に楽譜を書いて引換に飯奢ってもらったり、先輩が飯代出してくれたり、同居人や先生からちょっとした飲み物やお菓子をカンパしてもらったりすることで細々と食い繫いでる。普通にバイトした方が楽なんだろうけど……面接がとにかく苦手だし、自分から集団に入るのに必要な気合いが多分大量に必要なのだと思う。端的に言えば人見知り。ちなみに自己紹介等で私は人見知りなので…って言えるやつは偽物です。そんな小賢しい予防線を張る彼らには凌遅刑を受刑していただきたい。

 

この夏はちゃんとお金を稼いでいくつもり予定です。予定です。予定通りにいくのだろうか。やらないと死んでしまう。だからやる。

 

 

このところインターネットを見てるとバイタリティ、頭の良さ、センスの凄い人たちが色々なことをやっているのをよくみる。ここ最近凄い人と会って話すことができたりして、劣等感というか自分は何もできないなあという心持ちになったりしている。そういう面白いことやってる人は大抵は30代とかの人たちですね。それなら俺だってあと10年かければ何かしら成し遂げて…と思ったりもするんだけど、ふとした拍子に何者にもなれない自分がシャイニングして、破滅的に無気力になったりしている。でも、この辺の問題はどんなに悩んでも思春期だからですね、の一言で片付けられてしまう。たとえ同世代の人と話しても、まあ、頑張るしかないね、の一言で片付けられてしまう。みんなあまり考えたくないんだろう。みんな、自分が一番辛くて、人の辛さまではかまってられない。ただそれでも頑張れとは思っているはずで。だから辛くともなんとかぼちぼち生きる。

 

生きる意味は結局死ぬという点のために長期的にみると意味は全くないんだけど、短期的にみることで意味を持つことができるので、いつか死ぬからといって生きること全体の意味が失われるわけではない。例えば、授業があるなら朝から出かけなければならないし、部屋が散らかってきたなら片付けなければならない。友達がいるなら顔を合わせば話しかけるべきだし、読みたい本は読むべきだ。将来のビジョンなんて見えているやつなんていなくて、みんな自分の環境でその瞬間の最善手を選んでるだけだから、どうあれ自分の行動は誰かの邪魔になってしまう。その上でみんななるべく自分に向いてることや楽しいことをやるべきだし、なるべく不満のないように暮らしていくべきだ。なので、僕は向いてることを見つけるために(そのためだけではないけど)自分の興味の持てることはなるべくやってみようという感じになってきている。決して意識が高いわけではなく、自分のコンプレックスの払拭と生活があまりにつまらないことばかりだから面白いと思えることをたくさんやって忙しくして、過剰な自意識を吹き飛ばそうという目的です。ブログやったりとか。糞みたいな過充電期間の10代を超え、20代はアイデンティティを持てるようにしたい。

 

文章書くのいいですね。漠然としてた思考がまとまる。人と話すことにも同じような効果があるけど、場の準備にかかるコストが高いから、文章書く方が手軽でいい。しかもブログの場合他人に見られるから、読み手の意識も考えて書くし、僕のためだけの文章にならずに済む。たとえ暇な時間だろうが時間を割いて読んでくれている人に感謝です。

 

 

 

 

 

と、午前中に書いた文章↑はかなりLOVEにあふれてて、なんか陶酔してしまってる素敵な内容になっていますが、午後になり、論述テスト前の昼休みの騒がしさやこういう時に限って話しかけてくるつまらない馬鹿の糞くだらない講師への中傷やあべみかこ似の同回生が袖がなくてやたら二の腕の出る服を着てくるなどしまして破滅な気分になり終わってしまった。テストも時間切れで全部は書ききれませんでした〜はい〜だめ〜